対人恐怖症の人に最強のおすすめの仕事は「軽作業」!!

工場の軽作業

こんにちは、かしまきです。

別サイトの「ずぼら女子部」のずぼら女子におすすめする仕事を本気出して考えてみたの記事で記載した内容のほぼ抜粋になりますが、人間関係がうっとうしい、1人で黙々と作業したい人には、「軽作業」が最高だと思います。

私は、年齢にしては転職が多い方だと思います。

今は別の職業で身動きが取れない状態になっていますが、これまでの職場環境のことを考えると、軽作業をしていたときが一番ストレスなく過ごすことができていました。

軽作業って何?

ライン作業

軽作業の仕事は、主に物流会社や一般企業・通信販売会社などの倉庫内・工場にて、商品の仕分けや検品、ピッキング、梱包・包装を行うことです。商品にタグ付けをしたり、梱包した箱にラベルを貼ったりすることもあります。扱う商品は、洋服や靴などのアパレル商品、日用品、雑貨、スポーツ用品、食品、飲料など会社によってさまざまです。軽いものもあれば重いものもあり、扱う商品によって必要な力も違ってくるでしょう。また、立ち仕事が多いため、体力もそれなりに必要になってきます。
ルーティンワークが多くなりますが、商品と消費者・顧客をつなぐ物流のサポート役として、欠かせない職種となります。常に需要が多くある仕事なので、未経験でも就業できるチャンスは多いでしょう。(はたらこねっとより抜粋)

大きく分けて、軽作業には2種類あります

一つは、ライン作業というもので、ラインに沿って人が並んで単一の作業をするもの。

例えば、スーパーマーケットに並ぶプリンアラモードを作る場合、ラインに沿ってクリームを絞る人→プリンをのせる人→メロンをのせる人→桃をのせる人→ふたを閉める人→シールを貼る人・・・というように並び、全員で商品を完成させるけれど、1人1人は同じ作業を延々と繰り返すというものです。

嫌でもラインで延々に自分の仕事がまわってくるので、いかにずぼら女子といえども仕事をせざるを得ない状況ですw

この仕事は、慣れるとかなり楽です。

ただし、慣れてからは時間との戦いです。

時間が全然進みませんw

「〇〇〇回作業すれば1時間経過する」とか計算できちゃうとさらに時間が進みませんw

自分の世界に入って妄想できる人にはおすすめです。

もう一つは、倉庫内作業といって、ライン作業と異なり、体を使います。

体を使うといっても、運動神経云々の話ではありません。

私が経験したことがあるのは、倉庫内の在庫管理と、商品の届け先ごとに商品を仕分けする作業です。

特に商品の仕分けは、何時までに行うという時間制限が一応あるのですが、焦るほどのものではありませんでしたし、時間制限があるのが逆にゲーム感覚で楽しかったりw

体を動かせるし、私はこちらの方が好きでしたね。

どちらも、周りとは必要最低限の会話しかかわすことはないので、
1人大好き!人間関係なんていらん!!黙々と作業したい!!!という人には天国だと思います。

「軽作業」の仕事って、どうやって探すの?

通常の求人サイトで「軽作業」「工場内作業」「倉庫内作業」等で検索すると普通にヒットしますw

最近では、軽作業メインの求人広告もありますよね。

派遣が多いようですが、正社員に出世することができる場合もあるようです。

まあ、正社員になるとどうしても人間関係が生まれるのでどうかとも思いますが・・・。

1人で黙々、の最高な職場が見つかることをお祈りしています!!

工場・製造業専門の求人サイト【JobHouse】

その名の通り、工場・製造業に特化した求人サイトです。
未経験でもOK!!(といっても、工場内作業は未経験OKな場合がほとんどです。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする